サカナをもっと好きになる

キーワードから探す

知る

深場に生息する<ヒメコダイ>の魅力とは? ヒメコダイ属魚類が近年注目されるワケ

ヒメコダイはハナダイの仲間です。

この仲間はダイバーやアクアリストにお馴染みの存在で、遊泳し流れに乗ってやってくるプランクトンを捕食する魚というイメージが強いのですが、ヒメコダイは深い海底に見られ、ダイバーはなかなか見られませんが、食用にされています。

今回はヒメコダイについてご紹介します。

ヒメコダイの特徴

漁獲されたヒメコダイ(撮影:椎名まさと)

ヒメコダイはスズキ目・ハタ科・ヒメコダイ亜科、またはハナダイ科のヒメコダイ属に含まれています。体はハナダイ類のものと比べると細長く、断面は円筒形に近く、キンギョハナダイサクラダイなどとは若干離れた系統の魚です。

体色は赤みをおび、ヒメコダイでは体側中央部に濃い赤色斑があり(鱗が剥がれていると消えていたりする)、このほか白い斑点があったり、腹部に白い帯があったりするなど美しい種です(写真の個体ではなかなかその美しさが伝わらないと思いますが)。

尾鰭は若干湾入して黄色っぽいのも特徴です。なお、ヒメコダイは種の標準和名ではありますが、釣り人は多くの場合「アカボラ」と呼んでいるようです。本種はボラのようにはとても見えないのですが……。

ヒメコダイの分類

ヒメコダイは長いことスズキ目ハタ科 Serranidae のヒメコダイ亜科 Serraninae のなかに含まれてきましたが、近年はハタ科を Epinepheridae とし、ハナダイ科を Serranidae と独立させる意見があります。

また魚類データベースの「Fishbase」では SerranidaeとAnthiadidae に細分する(ヒメコダイは Serranidae)、などしています。ただしこれらの分類は基本的に分子分類によるもので、流動的であることにも注意が必要です。

ヒメコダイの漁法と食べ方

水深150mほどを曳く底曳網で漁獲された魚。アカムツやキダイなどの魚にヒメコダイも混ざる(撮影:椎名まさと)

ヒメコダイはやや深い(水深100m前後に多い)岩礁域や砂底に生息しています。そのため漁法は底曳網漁業、または深場の釣りに限られます。

深場の釣りにおいてはアマダイ釣りなどのゲストとして釣れることがあります。ヒメコダイだけでなく、近縁種のトサヒメコダイ(後述)や、ホシヒメコダイなどの種も釣れることがあります。

ヒメコダイは小さいものの、焼いて食べると美味しいものです。ある程度大きいものは刺身などでも美味しいでしょう。なお、底曳網で漁獲された個体は概ね練製品や惣菜魚などにされているようです。

1

2
  • この記事の執筆者
  • 執筆者の新着記事
椎名まさと

魚類の採集も飼育も食することも大好きな30代。関東地方に居住していますが過去様々な場所に居住。特に好きな魚はウツボ科、カエルウオ族、ハゼ科、スズメダイ科、テンジクダイ科、ナマズ類。研究テーマは魚類耳石と底曳網漁業。

  1. 謎多き魚「クサアジ」の食味とは この見た目でリュウグウノツカイの仲間?

  2. 深海に生息する<ヨロイイタチウオ> 「ひげだら」と呼ばれるけどタラじゃない?

  3. 成長と共に姿が変わる<スズメダイ科>の仲間たち 幼魚と成魚の違いを解説

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

関連記事

PAGE TOP

「お誕ジョーズ2024」開催!

サカナブックス2周年記念イベント&テーマはやっぱり「サメ」!
詳細を見る