サカナをもっと好きになる

キーワードから探す

知る

真っ黒で美味しい深海魚<クロシビカマス>の特徴とは 似た魚との見分け方も紹介

クロシビカマスは標準和名に「カマス」とついていますが、実際にはカマス科とは縁の遠い魚です。

この魚は全身真っ黒で「すみやき」などという名前でもよばれており、産地によっては重要な食用魚ですが、ある理由から食用とするのには工夫が必要です。

クロシビカマスとは

クロシビカマス(学名 Promethichthys prometheus)はスズキ目・サバ亜目(またはサバ目)・クロタチカマス科・クロシビカマス属の深海魚です。

背鰭は2基で、基底が細長く17~19棘ある第1背鰭と、基底が短く1棘と18~20軟条ある第2背鰭からなり、背鰭と臀鰭後方には小離鰭があります。腹鰭は非常に小さく痕跡的です。

相模湾のクロシビカマス(撮影:椎名まさと)

側線は体側中央を走る1本のみで胸鰭上方で大きく湾曲しています。

大きいものでは80センチを超えますが、国内では標準体長で40センチくらいのものが多いようです。分布域は広く、インド~太平洋、大西洋の暖海域に広く見られます。

名前に「カマス」とつくけどカマスとは関係ない

クロシビカマスは名前に「カマス」とついているのですが、カマス科とは異なるグループの魚です。

カマス科の魚とクロシビカマスの見分けは簡単で、クロシビカマスは第1背鰭が長く、カマス科の魚は第1背鰭が短いので容易に見分けられます。

カマス科のヤマトカマス(撮影:椎名まさと)

クロタチカマス科もカマス科も従来はスズキ目の中の、サバ科などを含む「サバ亜目」に含まれていました。例えば中坊徹次編『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(東海大学出版会、2013年) などです。

しかしながら最近は、クロタチカマス科の魚はサバ科などと近縁とされるものの、J.Nelsonほかの「Fishes of the world Fifth Edition」(John Wiley & Sons, Inc. 2016年) の中では、カマス科の魚はカジキなどに近いとされており、カマス科、メカジキ科、マカジキ科の3科による目Istiophoriformesを構成するとされます。

1

2 3
  • この記事の執筆者
  • 執筆者の新着記事
椎名まさと

魚類の採集も飼育も食することも大好きな30代。関東地方に居住していますが過去様々な場所に居住。特に好きな魚はウツボ科、カエルウオ族、ハゼ科、スズメダイ科、テンジクダイ科、ナマズ類。研究テーマは魚類耳石と底曳網漁業。

  1. 最大3メートル!深海の巨大生物<タカアシガニ> 鍋に入らないほど長い脚は美味いのか?

  2. クロダイ・キチヌ・ヘダイの見分け方 クロダイは繊細でキチヌはそれほど繊細ではない?

  3. アクアリウムで魚とエビを共生させる方法 水槽内での魚とエビの関係とは?

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

関連記事

PAGE TOP