サカナをもっと好きになる

キーワードから探す

知る

水槽をも削り取る破壊力を持つウニの口 <アリストテレスの提灯>と呼ばれる理由

初夏はウニが美味しい季節である。5月下旬~8月上旬はムラサキウニの、6月~7月はバフンウニの、それぞれ一年で最も美味な時期とされる。寿司ネタや丼、パスタなど、様々な料理で楽しまれるウニであるが、その外観は黒っぽくトゲだらけで何ともつかみようのない姿をしている。

例えばウニの口がどこにあるか道行く人にランダムに尋ねてみて、すぐに言い当てられるのは何人くらいだろうか?

今回は寿司好きの日本人が知っていそうで知らないウニの口について紹介してみよう。

ウニの口はどこにある?

ウニの口の場所は腹側にある。といっても、ウニの口の位置を知らない人はその腹がどこにあるかわからない人がほとんどだろう。

種類にもよるが、ウニの体はトゲを除くと饅頭のような形をしている。すなわち、ふっくらしている面と生きているときは下向きになっている平坦な面がある。ウニの腹側はこのうちの後者にあるのだ。

ムラサキウニの殻(提供:PhotoAC)

ウニをひっくり返すと平坦な腹の真ん中に穴が開いている。ここがウニの口である。

ウニの口は「アリストテレスの提灯」?

ウニの口にナイフを入れ、殻を剥くと、口の部分から奇妙な構造物が現れる。これは口器であり、食べ物を咀嚼する部分である。

古代ギリシアの学者、アリストテレスはその外見を「始めと終わりは連続的であるが、外見は連続的ではなく、周りに皮の張っていない提灯に似ている」と述べた。このことから、後世、ウニの口は「アリストテレスの提灯」と呼ばれるようになった。

ウニの口(提供:PhotoAC)

ただし、日本においては大正時代に動物学者である谷津直秀がこの訳語に異論を唱えている。というのも、日本において提灯といえばいわゆる和提灯であり、ウニの口器のかたちには全く似ておらず伝わりにくい、というのだ。谷津は代わりになる表現として「アリストテレスの街灯」を提案している。

レトロな街の街灯を想像してみてほしい。「提灯」という表現よりは、なるほどウニの口の形に近い。

1

2
  • この記事の執筆者
  • 執筆者の新着記事
宇佐見ふみしげ

宇佐見ふみしげと申します。水産系大学院卒です。無脊椎動物全般とフグ類、アンコウ類が好きです。変な形の生き物万歳。食べるならアユとアジ、白子など。

  1. <安全か危険か>それ本当に毒貝ですか? マガキガイとイモガイの違い

  2. 貝から出てくる小さなカニの正体を探る 貝に寄生するカニ<ピンノ>とは?

  3. 瀬戸内海の妖怪「ぬらりひょん」の正体は高級中華の食材? 備讃灘の伝承を紐解く

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

関連記事

PAGE TOP

「お誕ジョーズ2024」開催!

サカナブックス2周年記念イベント&テーマはやっぱり「サメ」!
詳細を見る