サカナをもっと好きになる

キーワードから探す

知る

動物や植物の名が付いた魚 命名の理由は?【変わった名前の魚たち】

日本は四方を海で囲まれており現在では約4600種もの魚が記録されています。そのほとんどには標準和名と呼ばれる日本語名が付いており中にはオジサン(ヒメジ科)のように変わった名前の魚も多くいます。この記事では特に変わった名前の魚たちを簡単な説明と共に紹介します。

動物の名前が付いた魚

まず紹介するのは”カマキリ”という標準和名を持った魚です。もちろん”カマキリ”といっても昆虫ではありません。

本種は日本固有のカジカ科の魚で、河川中流域から河口域に生息します。別名”アユカケ”とも呼ばれ、こちらの名前のほうが馴染みのあるといった方も少なくはありません。

“カマキリ”も”アユカケ”も由来は鰓蓋の棘でアユを引っかけて食べるといった逸話からだそうですが、実際にそのような生態があるのかは不明です。本種は絶滅危惧Ⅱ類に指定されており福井県の九頭竜川では天然記念物に指定されています。

“カマキリ”もいれば、”ハチ”という名前の魚もいます。本種はスズキ目カサゴ亜目ハチ科に属する小型の海水魚です。主に浅海の砂地に生息し定置網や底引き網で少量混獲されます。ハチ科の魚は世界で3種が知られているのみの小さなグループであり、日本では本種のみが知られています。

長くて大きな胸鰭や下顎の3本の髭が特徴的であり、唯一無二の形態も持つことから他の魚とは容易に区別することが可能です。また、本種は背鰭の棘に毒を持つことが知られており、ハチという名前は蜂と同様に毒針(棘)を持つからだと考えられています。

ちなみに本種は英語ではOcellated waspfishと呼ばれ、英語でも蜂に由来した名前が付いています。

※Wasp…スズメバチ

トラフグ(提供:PhotoAC)

昆虫のような名前の魚もいれば、鳥のような名前の魚もいます。

“カラス”という魚はトラフグに酷似したフグ科の魚です。本種は臀鰭が黒いことから、臀鰭が白色のトラフグとは区別することができるとされていますが、”カラス”とトラフグには遺伝的差異がないという研究結果もあり、この2種を同種と考える場合もあります。

もし、同種となった場合、命名法の「先取権の原理」に従い、後から記載されたTakifugu chinensis(カラス)が消えてしまうことになります。反対に産卵場所の水深から別種と考える研究もあり、更なる研究が待たれます。

植物の名前が付いた魚

“キュウリウオ”は匂いが名前の由来となった珍しい魚です。本種はワカサギやシシャモの仲間であり、名前の通りキュウリのようなに匂いがすることが知られています。北海道の沿岸に生息し重要な食用魚となっている他、釣りのターゲットにもなります。

キュウリの匂いがする魚なんて珍しいと思いきや、同じような匂いを持った魚が深海にもいます。ムネエソ科の”キュウリエソ”です。本種もキュウリウオ同様にキュウリのような匂いがすることからこの名がつきました。

一見、馴染みのない魚のように感じられますが、資源量が莫大であり様々な魚の餌となっていることから、非常に重要な役割を担っています。また、夜間には浅海に移動する日周鉛直移動をすることが知られており、稀にごく浅い場所にも出現します。

釣りでよく見られる”ヒイラギ”も実は植物が由来になっています。ヒイラギは背鰭と臀鰭に強い棘を持ちますが、この棘がヒイラギの葉を連想させることからこの名前が付いたといわれています。

別名が変わった魚

別名は標準和名のようにガイドラインがなく、地域によって自由に呼ばれています。そのことから標準和名と比較して変わった名前が多いのも特徴です。

ホウキハタ(提供:PhotoAC)

まず”ハロー”と言われてなんの魚か分かりますか?

正解はハタ科のホウキハタです。この魚を”ハロー”と呼ぶ地域は小笠原で、体色が似たハタであるカケハシハタとイヤゴハタも同様に”ハロー”と呼ばれます。島民の方々はごく普通にこの名前を使っているそうですが由来は不明らしいです。

石垣島には”コーコーセイ”(高校生)と呼ばれている魚がいます。標準和名はキツネウオといい、イトヨリダイ科に属します。”コーコーセイ”の由来ですが、一説には色彩が八重山高校の学帽に似ることからと言われています。

今回、紹介した魚はごく一部でありまだまだ変わった名前の魚がたくさんいます。

(サカナト編集部)

  • この記事の執筆者
  • 執筆者の新着記事
サカナト編集部

サカナト編集部

サカナに特化したメディア

サカナに特化したメディア『サカナト』。本とWebで同時創刊。魚をはじめとした水生生物の多様な魅力を発信していきます。

  1. 京都水族館と京都薬用植物園で希少な魚と植物を交換 相互展示で学びの機会を創出へ

  2. 魚がいる水中の世界や環境まで表現したい イラストレーター・asamiさん

  3. 春を告げる魚<メバル>の見分け方 胸びれのみで識別してはいけないワケとは?

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

関連記事

PAGE TOP

『サカナト vol.2』発売!

大特集「サカナを学ぶ、そのために」&特集2「わたしとサケのお話」
今すぐ購入する