サカナをもっと好きになる

キーワードから探す

創る

海洋プラスチックごみでキーホルダーを作る方法 自然の力で分解できないのも納得?

JAMSTEC(海洋研究開発機構)の運営する情報サイトで興味深い記事を見つけました。その記事によると、深海にプラスチックの溜まり場ができているというのです。

今回の記事では、プラスチックごみに関心を持ってもらうべく、“ゴミのアップサイクル”をメインテーマにお届けします。

見えないところでも海は汚染されている

2016年に開催された世界経済フォーラムで、海のプラスチックの量は2050年までに魚の量を上回るだろうという衝撃的な発表がありました。

プラスチックは自然分解がされません。大きさが5ミリ以下になった「マイクロプラスチック」は海に堆積して生物の生態系や人体へ大きな問題を引き起こします。

そんなに海にプラスチックごみってある? と思われる方もいるかもしれません。JAMSTECの記事によると、プラスチックごみは深海の海底へと到達しているのだそうです(深海にもプラスチックの溜まり場が! 海のプラスチック汚染を可視化する 深海底や中層に溜まる永遠に消えないごみ-JAMSTEC BASE )。

筆者もプラスチックは“軽い”というイメージがあったので、まさか深海に堆積しているとは思ってもいませんでした。

プラスチックごみをキーホルダーにアップサイクル

今回は私たちにできることのひとつとして、プラスチックごみを使ったキーホルダーの作り方を紹介いたします。製作にあたってこちらの記事を参考にさせていただきました。([保存版] ご家庭用アイロンを使い、プラごみからめちゃんこカワイイアクセサリーを作る)。

要約すると下記の5ステップです。
①集める、②砕く、③入れる、④溶かす、⑤整える

用意する道具(撮影:keiko)

用意する道具は、海辺で集めたプラスチックごみと、キーホルダーのフレーム、クッキングシート、ニッパーにピンセット、アイロンです。

上記の道具はほとんど100円ショップで用意ができますので、お子様への夏休みの宿題の候補にも最適です。ただしアイロンを使うので、やけどなどの事故を避けるためにもお子様は保護者の方と一緒に制作しましょう

①プラスチックごみを集める

ビーチへ行くと多くのごみが打ち上げられています。プラスチックごみには熱を加えてはいけないものもあるので、注意が必要です。今回はペットボトルのキャップを中心に集めてみました。

海岸のゴミ(提供:PhotoAC)

ペットボトルのキャップは一般的にポリプロピレン(PP)で作られており、アイロンで溶かしても有害ではありません。集めたプラスチックが熱を加えてもいいものかどうかを見分ける方法は、水につけて浮くかどうかを見てください水に浮くプラスチックは、220℃以下の熱であれば有害物質は発生しないものと判断できます。

ただし、マイクロプラスチックは有害化学物質を取り込みやすいです。不安な方はビーチクリーンとは別に、ペットボトルのキャップをご用意された方がいいでしょう。

どちらにしても作業する場所は換気をしっかりとし、自己責任で行ってくださいね。(参考:プラスチック(樹脂)の見分け方|代表的な3素材の特徴も)。

②洗浄して細かく砕く

拾ったプラスチックを水や洗剤で洗浄をします。水分はペーパータオルなどでしっかりと拭き取りましょう。

大きいものはニッパーを使って細かく砕きます。この作業には握力が必要で、手が本当に疲れます。海で半永久的に分解されないというプラスチックの手ごわさを感じる瞬間でもあります。

③フレームに入れる

フレームにプラスチックごみを入れる(撮影:keiko)

今回は、100円ショップで購入したキーホルダー用のフレームを使用しました。

アイロン台の上にクッキングシートを敷き、その上にフレームを置き、フレームの中に溢れるくらいのプラスチックを入れます。

④アイロンで溶かす

アイロンをかける(撮影:keiko)

③の上からクッキングシートを掛け、アイロンをかけます。

設定温度は高温にします。上からプレスするというより、溶かしてすりきり、伸ばすようなイメージでアイロンすることがポイントです。

溶けてはみ出ても問題ありません。フレームの中でへこんでいる部分があったらプラスチックを追加して、作業を繰り返せばOKです。

このとき、プラスチックは高温になっています。やけどを避けるためにも素手で触らず、ピンセットを使うようにしましょう

この作業を表裏両面で行います。

⑤形を整えコーティングをする

プラスチックごみキーホルダー(撮影:keiko)

プラスチックが完全に冷めたら最後に整えます。はみ出た部分はニッパーで切り落としましょう。完成品は色が混ざりあってかわいいですね。

今回はマニキュアのトップコートで艶出しと、シールを貼ってアレンジをしてみました。海を泳ぐシャチとダイバーです。

「自然の力で分解できない」を実感

所見としては、製作よりも準備に時間と労力がかかりました。実際にプラスチックを細かく砕いてみると自然の力で分解できないのも納得で、ごみをアップサイクルすることの大変さを実感しました。

自分で作ったものには愛着も湧いてくるもの。体験と物理的な思い出があることで、よりプラスチックごみに向き合えるのではないでしょうか。

みなさんもぜひ自分だけの海のストーリーをのせて製作してみてください。そして、これを機会に海洋プラスチックごみに関心をもっていただけると嬉しいです。

(サカナトライター:keiko)

  • この記事の執筆者
  • 執筆者の新着記事
keiko

keiko

のんびりママダイバー

絶賛育児中のママダイバー。育児とダイビングの両立を模索中。 セブ島でのライセンス講習中、魚のトルネードに出会った光景は、まるで私を歓迎しているようで私のダイビング人生の中でも忘れられない瞬間です。 夢は子どもと一緒に潜ること。 生き物たちの魅力や取り巻く環境などをお伝えします。

  1. 幻の光るイソギンチャク<オオカワリギンチャク> 水族館の飼育担当者に話を聞いてみた

  2. 海洋プラスチックごみでキーホルダーを作る方法 自然の力で分解できないのも納得?

  3. 虫なのに虫除けフィギュアに? 水生昆虫<オニヤンマ>の強さの秘密

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

関連記事

PAGE TOP