サカナをもっと好きになる

キーワードから探す

知る

身の回りに潜む魚にまつわる言葉たち 「にべもない」の「にべ」はどんな魚?

皆さんが普段よく耳にする言葉に意外と魚に関係する言葉が紛れていたりします。もちろんそれらは魚好きの間では当たり前かもしれませんが、私も魚を詳しく知るまでは意外と知らなかったような言葉たちです。

この記事では、そうしたサカナにまつわる言葉たちをご紹介いたします。

広島東洋カープ

プロ野球の球団は「ライオンズ」や「タイガース」など、生き物の名前の球団が多くあります。では、広島東洋カープの「カープ」とは何か、皆さんご存じですか?

コイ(提供:PhotoAC)

実は「カープ(Carp)」とは、コイの英名なのです。広島にある広島城は別名「鯉城(りじょう)」と呼ばれます。この広島城と出世魚のコイをチーム名にしたのが広島東洋カープです。

ただ正確に言うとコイは成長に伴って呼び名が変わることはありません。中国の大河・黄河のはるか上流に「龍門」という伝説の地があり、そこに泳ぎ着いたコイが龍門の急流の滝を飛び越えると「」になるという伝説があります。これは「こいのぼり」の由来となったお話でもあります。

成長しても名前は変わりませんが、このようにコイは出世する縁起のいい魚として親しまれており、球団もそんなコイの魅力から「Carp」と名付けたのでしょう。

野球ファンの中では常識でも、カープのロゴやマスコットにもコイは出てこないので意外と知らなかった方は多いのではないでしょうか。

とどのつまり

とどのつまり」とは、いきつくところ、結局、思わしくない結果である場合に用いる言葉です。この「とど」とは、海獣のトドではありません。

これはボラのことなのです。

ボラ(提供:PhotoAC)

ボラは出世魚で、関東ではオボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トドと大きくなるにつれて呼び名が変わっていきます。その成長の行きつくところが「トド」なので、「とどのつまり」という言葉になるのです。

ボラが大きくなるのは喜ばしいことなのに何故ネガティブな意味合いになってしまったのでしょう……。

にべもない

愛想がない、素っ気ない話し方や行為のことです。この「にべ」もそのまま「ニベ」という名の魚から来ています。ニベの浮き袋からとった膠(にかわ)である「鰾膠(にべ)」は粘着力が非常に強く、接着剤となりました。

この強い粘着力を持つ「にべ」を愛嬌や親密性と見立て、さらに「それらが無いこと=にべもない」となったのです。

「にべもない」で調べると、「にべ」は「関東でイシモチと呼ばれる魚のこと」という説明が出てきます。関東でイシモチと呼ばれる魚は「シログチ」と「ニベ」の2種類がいます。どちらかというとイシモチとは「シログチ」を指すことのほうが多いようです。

シログチ(提供:PhotoAC)

しかしさらに調べると、「にべもない」のニベは、シログチでもニベでもない、東シナ海、南シナ海などで揚がる別種のものだそうです(ニベ-ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑)

では、「にべもない」の本当の語源となった魚はなんなのでしょう。ここから先は、筆者が旅先で見かけたとある魚とその考察をご紹介します。

1

2
  • この記事の執筆者
  • 執筆者の新着記事
みのり

みのり

センス・オブ・ワンダーを大切に

北里大学海洋生命科学部卒・元水族館飼育員。魚類・クラゲはもちろん、イルカの飼育も担当。非常に多趣味で、生き物観察やフィールドワークはもちろん、映画や読書、ゲームも好き。多趣味ゆえの独自の視点、飼育員視点を交えつつ、水生生物やそれを取り巻く自然環境、文化、水族館の魅力を発信していきます。

  1. 日本固有のチョウチョウウオ<ユウゼン>探索記 小笠原諸島・父島で探すはダイバー憧れの魚

  2. 経験者が語る<ワレカラ>飼育方法 小さな生物と共に過ごすロマンを味わおう 

  3. 小笠原に集まる<ザトウクジラ>の観察記 間近で見る大迫力の命のショー

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

関連記事

PAGE TOP