サカナをもっと好きになる

キーワードから探す

食べる

磯でよく見る<カメノテ>は貝類ではなく甲殻類 意外と美味しくて高級食材? 

磯遊びでは様々な生物を観察することができますが、動いていない生物には無関心になりがちです。

カメノテは磯に行けば必ずと言っていい程ありふれた生物ですが、実は高級食材なのをご存じでしょうか?

この記事ではカメノテについてご紹介します。

カメノテはこう見えて甲殻類

カメノテ(提供:PhotoAC)

カメノテは有柄目(ゆうへいもく)ミョウガガイ科カメノテ属に分類される生物で、本種はカメノテ属唯一の生物。国内では北海道から沖縄県にかけて広く分布します。

カメノテという本種の変わった和名は姿がまるで亀の手のように見えることからだそう。実際に亀の仲間ではないですし、貝類のようにも見えますが、実はエビやカニなどの甲殻類に近い仲間とされています。

カメノテには蔓脚(まんきゃく)と呼ばれる特殊な器官があり、これでプランクトンなどの小さな生物をキャッチして食べています。同じように蔓脚を持つ生物はフジツボが知られており、これらをまとめて蔓脚類とも呼びます。

カメノテは潮間帯に固着して生活。干潮時には陸に露出する岩場でも見られ、岩の亀裂のみならずテトラポットなどでも群生している姿を観察できます。カメノテが群生しているのはカメノテが放つ化学物質にカメノテの幼生が誘われる結果、カメノテ同士が固まって生活するようになるからです。

カメノテの仲間エボシガイ

エボシガイの仲間(提供:PhotoAC)

有柄目の身近な生物はカメノテの他にもエボシガイが知られています。本種は名前にカイと付きますが貝類ではなくカメノテ同様に甲殻類に近い生物です。

エボシガイもカメノテ同様に固着生活をしますが、岩場というよりも漂着物に固着するようです。このような生態から、海が荒れた後の海岸では漂着物についたエボシガイを観察することができます。

カメノテは磯の珍味でもある

調理されたカメノテ(提供:PhotoAC)

一見すると食べ物のように見えないカメノテですが、実は食用として流通し珍味としても知られています。

主な産地は西日本であるものの、関東圏へ流通し今やごく普通の食材になりつつあるようです。価格はやや高いですが、味が非常に良いため一定の需要があります。

主な調理方法は塩茹でやみそ汁などのシンプルな料理で、特に塩茹ではカメノテ料理の定番。茹でたカメノテは非常に濃厚な味わいで、一度食べたら病みつきです。味がまるでカニのようだと言う人もいます。

ちょっとした高級食材であるカメノテですが、その辺の磯でもたくさんいるし採取すればよいのでは?と思うことでしょう。しかし、地域によってはカメノテに漁業権が設定されていることもあるので十分に注意する必要があります。

カメノテはスペインでも重宝されている

カメノテの近縁種であるPollicipes pollicipesはスペインでは高級食材として知られ、時期によっては価格が高騰するそうです。

本種は波当たりが非常に強い岩場にいるため漁は非常に危険であり、命を落とす人も少なくありません。Pollicipes pollicipesが高級食材である理由は味の良さだけではなく、漁の危険度も関係しているのです。

磯でごく普通に見ることができるカメノテですが、実は知る人ぞ知る珍味。ですが、前述の通り地域によってはカメノテに漁業権が設定されているため、採取には十分気をつけましょう。美味しいカメノテを楽しむのであれば、魚屋や飲食店で食べるのがおすすめです。

(サカナト編集部)

  • この記事の執筆者
  • 執筆者の新着記事
サカナト編集部

サカナト編集部

サカナに特化したメディア

サカナに特化したメディア『サカナト』。本とWebで同時創刊。魚をはじめとした水生生物の多様な魅力を発信していきます。

  1. 埼玉・熊谷市にしか生息しない魚<ムサシトミヨ> 現在の生息地は「奇跡的に残った場所」

  2. <アカヤガラ>はタツノオトシゴの仲間? かつて漢方に使われていたことも

  3. 関東でよく見られるカサゴ類7種の見分け方 <カサゴ目>はもう古い?

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

関連記事

PAGE TOP